絵・写真・手作り雑貨・お店でもらうブックカバーetc
ごった煮ホームページ「風待ちSOUNDTRACK」
その日記帳です。

とはいえ、更新はゆっくり。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 西高東低。 | main | たこたこ。 >>
Everybody's Got Something 。

「クラブサーキット 2008 GRAPEVINE×apogee」

についての、超個人的記録です。
ライブレポートというには程遠いものですが。

別のところに書いていたものを、後日ここにまとめておくことにしました。


本日は家事する日にあててたのだけど、
まだあの世界が付きまとってます。

掃除がろくに進んでねぇ。


GRAPEVINEのライブのあとは、いっつもそれだ。
しかも今回は、わたくし、初のクラブサーキット参戦!
(だって広島に来ないんだもん)。

サーキットは選曲濃いんだねー!。
「波音」とか、
生では久しぶりに聴いたぞ。
そしてAPOGEEとDJに片平実さんと、ボリューム満点。

そりゃなおのこと付きまとうわ。

まぁ、
明日からの活力剤……ということにして、もうちっと浸っときます。





で、
わたしの初クラブサーキットセットリスト。
(APOGEEさんセトリは私、勉強不足のためミクシさんから頂きました…あしからず)

APOGEE
1.Touch in Light
2.アヒル
3.Rain Rain Rain
4.Tell Me Why
5.夜間飛行
6.???What is the life???
7.Spacy Blues
8.Grayman
9.ESCAPE
10.Who's your Enemy?
11.Just a Seeker's Song

GRAPEVINE
1.FORGEMASTER
2.また始まるために
3.スレドニ・ヴァシュター
4.超える
5.I must be high
6.13/0.9
7.波音
8.新曲
9.ジュブナイル
10.新曲
11.ミスフライハイ
12.FLY
13.エレウテリア

01.So.
02.Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey
(↑ビートルズ曲、APOGEE迎えてセッション)


個人的に「波音」生久しぶりだよぉ。
へたしたらCirculatorツアー以来では……。

さて、以下カンタンに。

まず、APOGEEさんははじめて生で聴いたのだけど、よかったです。
ステージ上の地球儀とキラキラが気になりつつも(笑)気づいたら体揺れてました。
音が光の帯と粒とのようでした。
で、
その音も熱いけど、
ベースの方がドラムおもいっきり叩いたり、
パフォーマンスも熱かったー。
わうー。
気になる方は行ってみてください。ライブ近いうちあるそうなので。

「チケットもう残り少ないそうです、よかったら買ってください
 ……ちょっと気持ちのいい告知でした(笑)」
と云ってましたw。
またいつか機会あらば生で聴きたい……!



で、
GRAPEVINE。

やっぱり兄貴ギター熱い!
カネヤンベース刻み込まれる!
かめちゃん!
イサオスキー!
そして田中さんは今日も舐めまわすように全体を眺めます。

でもなんだかにこやかでした。


新曲が近く出るので、
もしかしてそのカップリングやるかな?と思ってたら
「シングル出ます!……でも今日はそれから1曲しかやりません」

うん、発売日まで待ちます。
……って、
ジュブナイル以外の新曲は何!?(笑)。
すごくかっこよかったんだけど……アルバムに入ってくれるかな?



で、アンコールの時。
いつもどーりTシャツに着替えて出てくるメンバー。
……
……
……ん?!

田中さん、Tシャツ、サイズ小さいですよね……?
めちゃめちゃピチピチですよ……?
「細い」
「ピチピチ」
「ピチピチ」
会場中、お客さんのこころの声が漏れてました(笑)。
散々云わせておいた後、
「(APOGEE)Tシャツもらった!」
「レディースしかなかった!」

(笑)

いや、でも、曲中は全く気にならないんのよー。
曲終わると誰からともなく笑いがあふれてましたが(笑)。

ラスト出てきたAPOGEE永野さん(VINETシャツ着てるー)も
「よく入りましたね……」
ボーカル二人がこの事態に興味津々。

脇を上げて一言
「チラリズム」

田中さん……(笑)。

その後2人の会話は
今回のGRAPEVINETシャツ(灰色)の生地のよさへ進展。
(ちなみにpolyester 50% cotton 38% rayonne 12%、だそーです by officialHP)


そんな濃密なのになんか和やかなライブのラストは
「Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey」。

「ビートルズのカバーやります。
知ってると思……知らなくっても盛り上がれよ(笑)
俺らにしては折れたんだから……」

……妥協なんだ(笑)。

いやいや、
そんなEverybody's 〜も熱かったです。兄貴ー。

VINEが誰かと共演という姿は初めて観たんだけど、
今回後輩とのセッション
やっぱり田中さん……なんだか楽しそうだった気が。気のせいか?。



そんなこんなで、

私は楽しかったんだよ!悪いか!
帰り雨ざらしだったけどいいんだよ!
カネヤンみたく風邪長引かんように気をつけます。
スポンサーサイト
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK