絵・写真・手作り雑貨・お店でもらうブックカバーetc
ごった煮ホームページ「風待ちSOUNDTRACK」
その日記帳です。

とはいえ、更新はゆっくり。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 夢を外へ連れ出して。 | main | ふたり、星をよけて。 >>
広島で生まれた女じゃけん。

 

 わたしのなつやすみ

▷ はじめから
   つづきから



フジロックへ行くも、
手始めに乗り込んだドラゴンドラですでに満足。

すんごい場所を進むゴンドラ。



いろいろ花火を撮影に行く。
ここまで全部一人。


あ、違う。
横浜はポパイカメラさんの花火撮影会に混ぜてもらったのでした。
楽しかったー。

お酒が美味い。



広島へ帰省。
博多在住の幼なじみによるお土産。

東京在住の私へのお土産は、いつもこれと決まっています。


九州限定八女茶味にしてくれるところが
彼女なりの配慮。



広島在住幼なじみのお子。
たくましく育て。

「あんたのおむつ替え見たことある」と言うのが目下の夢です。


赤さんを撮るのは難しいが、
思いの外動きつづけていたのは幼なじみの旦那。

旦那、ブレすぎ。



久しぶりに幼なじみズで会ったので、
高校友人も交えて花火。

花火5000円分。
これが大人になるということか。



なんかいい大人がはしゃいでる。。。

と見つめる猫さん。
闇にまぎれながら、終始遠巻きに眺めておられました。



祖母に会いに行ったり
家族でご飯食べたり
テレビでカープナイターを見ると打たれたり
いい飲み屋教えてもらったり

なつやすみは、よいものです。


またしばらく東京でがんばりましょう。

久しぶりに動画のコーナー。

名曲はっつけておきます。

 

寺田堂 広島で生まれた男

スポンサーサイト