絵・写真・手作り雑貨・お店でもらうブックカバーetc
ごった煮ホームページ「風待ちSOUNDTRACK」
その日記帳です。

とはいえ、更新はゆっくり。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< はい、じゃあ、私から。 | main | 寒いけどあったかい日。 >>
金星音楽団とセロ。

 

手軽に雰囲気のある写真が撮れると人気の
「natura classica」

ちょっと借りて使ってみました。


少し前に某写真展に行って、

「あー、やっぱりこんな風に写真撮りたいよなー」
「そうなると、やっぱり手軽さよりも云々」
とか考えていたので、

「あったら便利だろーけど、やっぱり一眼レフかなぁ」という気持ちで撮り始めます。



しかし、思っていたより使いやすいんだよなー。

そりゃ一眼レフが魅力的だけど、
ぱっと出してこそっと撮れる(笑)。軽いし。レンズ明るいし。


ファインダーが見づらい、
とよく云われてますが
トイカメラユーザーの私にはほとんど気にならず。

巻き上げも自動だー←何十年前の発言だよ。

まぁ、若干簡単な作り、
という意見には同意するかな。


総評
もうちょっと購入するかどうか検討(少しだけ前向きに)。



やっぱり魅力的なのは、室内の写り。


「窓際だからでしょ?」と思われるかもだけど、
外はほとんど暮れてました。

これがノーフラッシュだから、すごいよね。

少し暗い食堂とか、
地下鉄の中とか、
きれいに撮れててびっくりしました。

あんまり考えなくても雰囲気作れちゃうのは悔しいなぁ(笑)。



ちなみに写真。
セロ弾きのゴーシュを読みながら落ち着いてます。

スポンサーサイト