絵・写真・手作り雑貨・お店でもらうブックカバーetc
ごった煮ホームページ「風待ちSOUNDTRACK」
その日記帳です。

とはいえ、更新はゆっくり。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

shanla la la la la la la。



「THEE MOVIE」観てきた。

(特に内容詳しく書きませんが、前情報をまったく入れたくない方は
Baby, please go home(笑)。)





感想、映画館で前に行きそうになった(笑)。
リズムで揺れる椅子。
思ってたより響いたタンバリン!。

かっこよさにしびれるなり、昔を懐かしむなりしていた序盤。


途中から切ないやら悲しいやら。
このライブ、何度か映像で観たのに。

で、ボロ泣きの終盤。



となりのおじさんもボロ泣き。

私、このおっさんとなら、旨い酒飲めそうな気がする(笑)。



ふたたび幸せな時間を過ごして、
気づいてなかったこと垣間見れて、

現実を突きつけられて、

気持ちをまた整理することになる。


こうやってまた改めて「世界の終わり」が鳴るとき、
本当に終わりなんだな、と思った。

-Final works of rockin' blues-

でも、ずっと鳴り響くから、またある意味でははじまりな気もする。


とかなんとか。
要は、観に行ってよかったと。

上映が終わったとき、拍手が鳴った。私も思わず拍手。

 

彼らの音楽を。
かっこいいと思ったことあるなら、観ておいたほうがいいと思う。

私みたいに青春ド真ん中で聴いたり云々してたよな人は、
泣いてくればいいと思う。

ありがとう、は、こっちの台詞だ。


以上、唐突に映画観てきたの感想でした(笑)。

トライアンフ!。


報告だけ。
行ってきたぞK.K.P.#6『TRIUMPH』東京公演。

昔読んだおとぎばなしのよな世界に連れてってもらった気分です。
手で丁寧に作られた感じというのは、
あのハコだからこそ感じたものなのでしょうか。

いやはや、
これから行く人は楽しみにすればいいと思います。


それにしても、物販。
どうやら今回はK.K.P.のバインダーが人気のようですね。あれは確かに便利そう。


続きを読む >>
拝啓、お元気ですか。
あんまり余裕なんてないんだけど、
と、云えているうちは華か(笑)。

まぁ、とにかくどうしても行きたくて。


ggへ行ってきました。

続きを読む >>
ポツネン○DROP。

またまたおひさしぶりです。
少し日が開きました。

何をしていたかというと……


「Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2008 『Drop』 」

……行ってきちゃいました。
そーなんですよ、チケットが取れちゃったんですよ!。

嘘だー。
いや、本当。

夢だけど、夢ーじゃなかったー!。


とにかくネタバレは避けたいので中身については触れませんが、
当日券がほんの、ほんの若干数あるそうなので、
続きを読む >>
Everybody's Got Something 。

「クラブサーキット 2008 GRAPEVINE×apogee」

についての、超個人的記録です。
ライブレポートというには程遠いものですが。

別のところに書いていたものを、後日ここにまとめておくことにしました。

続きを読む >>
そらの旅を、2本。

KKPの舞台、TAKEOFF。


これを観にいった私は、

とても感激してしまい、
それを誰かにわかってもらいたくて、
もちろんネタバレは避けつつ、

以下のような文章を書いてしまいました。今読むには、恋文みたいで恥ずかしい。

また、
同時期にラーメンズの「TEXT」をテレビで見まして。

やっぱり感じるところがあったようで、
これまた恥ずかしい文章を書いていました。


元々は別の場所に向けて書いたものなんですが、
後日、ここにまとめて置いておくことにしました。



続きを読む >>
音速で戦う -ラーメンズ「TEXT」編-。
これは、2006/12/24?に
日本全国いろんなところで行われたであろう戦い
のうちのひとつをまとめたものである……。


というと大袈裟ですが、

過去に自分が書いていた舞台やライブの感想やセットリストを漁っている際にみつけた
ラーメンズファンにおいて近年起こりうるあるあるネタの文章を

ここにおいておくことにしました。
なんてことはないものです。あるあると思って笑ってくれたら、これ幸い(笑)。


続きを読む >>